ISO9001を導入したらどうなるのかデメリットはあるのか確認

ISO簡単取得

男の人

明確にメリットを想像する

PC操作

注目されている規格

「ISO9001を取得すると企業によって良い」そう漠然と考えている経営者は多いと思いますが、実際取得を目指すのであればもっと明確にメリットと取得した後にどうすれば良いのかなどを知っておくことが大事です。
実際、ISO9001取得に取り組む企業は多くなっていますので、注目されていることは確かです。

規格の性質

品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001は、ある特定のルールに則って品質を管理しろ、と指示しているものではありません。
製品やサービスをアピールし、提供するまでには一定の流れがありますが、これを会社独自でルールに基づいて取り組むことを求める規格です。

会社の品質

ある製品が「良いものですよ」とアピールするには、規格にクリアしている必要があります。
しかし、ISO9001を取得することはこれとは少し違い、業務改善を常にし続けていける会社であるというアピールになるというわけです。

自社のためになる

ISO9001取得によって、会社のアピールになるのと同時に、社内管理もうまくいくというメリットがあります。
曖昧な基準のままだと業務が停滞し、もし問題が起こってもスムーズに改善することがありません。それがルールを決めておくことで改善の努力をするための明確な流れができ、すぐに行動ができるため会社の利益が上がっていくということです。

周囲へのアピール

製造業を始めサービス業でもISO9001を取得しようとする会社が多いですが、これはサービスを利用しようとする人と、取引する会社にも良いアピールとなるからです。
数ある会社の中で抜きん出ようとするなら、国際規格の取得は大きなアピールポイントとなるでしょう。売上も上がることが予想されます。

予想されるコスト

取得の検討と同時に考えなければならないのは、ISO取得後に予想されるコストです。専門的なルールなので、管理責任者の責任は重大になりますし、確認や承認のための手間も増えます。取得したものが無駄にならないように対策も立てられることを覚えておきましょう。